ガーゼマスクリメイク!プリーツ型を作ってみた。

お役立ち情報

四角い布にタックたたむだけ!

お片付けしていたら、ガーゼマスクが出てきました。嬉しい反面、給食当番感満載で使いづら… ということで、昨今流行りのプリーツ型マスクにリメイクしてみました。
アベノマスクも多分こんな感じなので、同じく使いづら…と思う人はリメイクしてみてくださいね~

まず、両端の縫われているところをほどいて1枚の布と、ゴムに分けます。

ぬるま湯に付けて洗います。脱水は洗濯機で。
干す時は竿にかけて干してください。洗濯ばさみで挟んで干すと、生地が歪んじゃいます。
なぜ洗うかというと、生地は洗うと縮んでしまうことがあるので、最初に縮ませます。

アイロンで蒸気を当てながら伸ばします。

出来上がりイメージはこんな感じ。市販プリーツマスクの『ふつう』サイズと同じくらいです。

大き目、小さめが好きな人は寸法調整してね!

ガーゼは出来上がりの状態で4枚にしたいので、シングルガーゼの場合は2枚重ねて、ダブルガーゼの場合は1枚で縫い合わせていきます。今回ほどいたマスクはシングルガーゼでしたので、2枚重ねて縫い合わせます。

型紙は簡単です。横21.5㎝×縦36㎝の長方形です。これを二つに折って縫い合わせます。ただし、上端は2㎝差がつくようにし、縫い始めと終わりは2㎝ずつ空けておきます。

↓見にくいと思いますが上部分を縫いました。

次は縫ったところをアイロンで割ります。

次に3㎝幅の縫い代の、手前側の1枚をカットします。

長く残っているほうの縫い代を三つ折りにします。この部分にノーズワイヤーを入れるポケットを作ります。

使い捨てマスクのノーズワイヤーを取り出します。

三つ折り部分の中心と、ワイヤーの中心を合わせて四角く縫います。

マスクをひっくりかえします。ノーズワイヤーを入れた縫い代が、身体側になるようにして、アイロンで形を整えます。

この時に、縫い目は上端ぴったりではなく、少し身体側に来るようにすると外側から見た時に仕上がりがきれいになりますよ!

身体側に来るほうの縫い代をカットします。最後に両端を三つ折りにしますが、縫い代が厚くならないようにする為です。

タックをたたみ、アイロンで形を作ります。タック部分は開かないようにピンで留めます。

タックをミシンで叩きます。端から3㎝を目安にします。

後は両端を三つ折りにして、ゴムひもを通せば完成です!ゴムの結び目は三つ折り部分に押し込んで隠します。

手芸屋さんでもなかなか生地が手に入りにくかったり、ゴムがないという話も聞きますが、これはあるものを最大限利用して作れますのでおすすめです。
サイズやタック分量は作りやすいサイズや好みの寸法にアレンジしてくださいね。

全く別記事で、ガンガンANAマイルが貯まる裏技公開中です。
旅行ブログが本業なので、お時間あれば見て行ってくださいね~

作り方でわからないところあったら聞いてね!

コロナが落ち着いた後は、飛行機の中の乾燥対策に使おうっと…

コメント

タイトルとURLをコピーしました