アベノマスクリメイク!立体型を作ってみた。ノーズワイヤー入りで顔にフィット!小池百合子さん型だよ。

お役立ち情報
型紙ダウンロードフリー!よろしければどうぞ。

大き目です。A4でプリントアウトしてね。

★出来上がりがきれいになるように、表側になるブロードと、内側になるガーゼの寸法に差をつけています。
★大きさが心配な人は、キッチンペーパー等で確認するのをおすすめします。

【用意するもの】
★アベノマスク(もちろんガーゼ生地ならなんでもOK)
★ブロード生地
(着なくなったワイシャツ等でもOK。お好きなもので。)
生地は裁断前に必ず水通し&スチームアイロンがけしてくださいね!
★マスク用ゴム
★使い捨てマスク(ノーズワイヤーを再利用します)
★アイロンとアイロン台
★はさみ(ローラーカッターとカッター台もあればなおよい)
★針と糸。あればミシン
★マチ針
★型紙

さっそく作ってみよう。

アベノマスクをほどいたところです。

縦二つ折りで裁断すると4枚分取れるので、ギリギリに入れ込みました。(画像の型紙は縫い代ナシの状態です。)

こんなかんじ。

ガーゼ生地、ブロード共裁断し、中心になるカーブ部分をそれぞれ縫い合わせます。

縫い代を両割にします。

縫い代を押さえる為に、ステッチをかけました。

ステッチ幅は3㎜にしました。

ガーゼとブロードを縫い合わせます。

★中心がずれないように、マチ針で中心部分を留めましょう。
★マスクの上は縫い代が1.5㎝、下は0.7㎝です。間違えないように注意!

使い捨てマスクから、ノーズワイヤーを取り出します。

取り出したワイヤーの長さに合わせて、縫い代部分に印をつけます。
ノーズワイヤーはだいたい10㎝前後が多いようです。10㎝の場合、10.5㎝がおすすめ。

ノーズワイヤー用の四角ステッチをかけます。ガーゼとブロードの縫い代ではさみます。

四角ステッチの口を閉じる前に、ワイヤーを差し込みます。マスクの上部分はカーブしているので、ステッチを縫ってからワイヤーを差し込むとスムーズです。

ノーズワイヤーが入りました。

マスクをひっくり返します。ひっくり返す前に、縫い代にカーブがついているので、カーブがきれいに出るよう、縫い代に切り込みを入れます。

ひっくり返しました。アイロンで形を整えます。

★形を整える時に、表にガーゼが出ないようにしましょう。
★両脇のブロード部分は、先細りになるよう折りましょう。

マスクの上端・下端に表側(ブロード側)からステッチをかけます。上端は7㎜、下端は5㎜にしました。ステッチ幅は自由ですが、上端はワイヤーを叩かないように、7㎜~10㎜の間がよいです。

ガーゼ側にひっくり返して

ゴム通し部分を折ります。この時にステッチがかかる部分は1.7㎝を目安にします。

表側から、1.5㎝のステッチをかけます。

ゴムを通して出来上がり~!

今回は4つ作りたかったので、ガーゼは1枚にしました。出来上がりは薄手です。
これから暑くなるので、これくらいでちょうどかなと思いますが、もう少ししっかりさせたい方はガーゼを2重にしてもいいと思います。

そんな感じ。

ブログの本業はこっち。

コメント

タイトルとURLをコピーしました