鴨 みつふじ

京都レストラン

本日は鴨料理のお店、みつふじさんに来てみました。11月も末の肌寒い日です。
喧噪から離れた隠れ家風のお店が点在する御苑南の一角にお店はあります。かなり大人な雰囲気。お店も沢山席数があるわけではないので、少人数でちょっとしっぽり気味に訪れるのが良さそうです。

京都では鴨いただくんどすえ~

ぶぶ漬け食べていきなはれ文化の人が怖いんでエセ弁止めてもらっていいですか

勝手に古民家丸出しのお店を想像していたのですが違いました。モダンです。

予約を告げ、お席に通していただきました。お料理は『鴨鍋・みつふじコース』。すでにお鍋がセット済です。

お席はこんな感じ。対面の間にも透明のビニル?が下がっていて感染対策しっかりされています。お鍋の写真の真ん中に影が写ってしまっているのはこれです…

ドリンクは梅酒にしました。

お鍋は最初に鴨の脂をじっくりと焼いていきます。

前菜。あんかけ豆腐と玉こんにゃく。梅干しに見えますがこんにゃくです。

少し脂が出てきたかな…

鴨ロースと卯の花。鴨ロースはしっとり。今まで食べてきた鴨はなんだったんでしょうか。

北京ダック風とあらめ(海藻)の煮物。ひじき煮のような甘めの味付け。

前菜をつまみながら脂をコロコロ。

お肉とお野菜がやってきました!

脂がじっくり出たところで、鴨ロースをお店の方が焼いてくださいます。
1枚目は塩で。2枚目は鬼おろしで。一緒に椎茸もいただきます。

塩が美味しいな…!

本当に今まで食べて来た鴨は何だったんでしょうか…?

 

鴨の観念が変わりました。今まで食べた鴨の最高峰はデパ地下か鴨南蛮蕎麦止まりなので…でも関西に住んでいない限り大多数の人がそんな感じなのでは…

次はカリカリに焼けた脂と春菊をさっと炒めていただきます。
鴨の脂のほんのりした甘味が美味い…!
(実はちょっとお塩をしたほうがより美味しく感じるんだと思うんですけど、小市民な私はお店のおすすめのまま行ってしまいました。次は塩かけるぞ!)

鴨の脂が残っているところにお出汁を入れて、お鍋らしくなりました!

やはり最初はよくお味が出るつくねから。ふわふわ。

後はお肉とお野菜をどんどん入れて、煮えたらどんどんいただきます。

最後の〆はうどんと迷った後、おじやで。

あたたかいお茶をいただいて退席です。

お会計は2人で15,000円ほど。鴨はあまり食べなれなくて、ややおっかなびっくり感があったのですが、再訪の際は『お肉大盛』で楽しみたいと思いました。沢山食べたいよね…!お店の方もほどよくフレンドリーで居心地のよいお店でした。欲を言えばコース仕立てにしているので最後に少しでよいので水菓子が付くということなしです。帰りに成城石井でプリン買っちゃったよ。

鴨を食べなれていない人にこそ行ってほしいお店!

京都に来たら是非!大きなお店ではないので、是非予約してから訪問してね!

みつふじ
京都府京都市中京区夷川通富小路西入俵屋町299番地
050-5596-2765/予約可
営業時間/17時〜22時(最終入店20時30分) 日曜営業
定休日/毎週月曜定休(不定休あり)
サービス料・チャージ料無し

★★★★★

★★★★★…自腹で再訪したい
★★★★☆…近くに寄ったら行く
★★★☆☆…多分また行く
★★☆☆☆…他に選択肢がなければ行く
★☆☆☆☆…奢りなら行く
☆☆☆☆☆…奢りでも嫌

コメント

タイトルとURLをコピーしました